So-net無料ブログ作成
検索選択

九段会館・奥華子ファーストコンサート「変わらないもの」観覧日記 [奥華子]

こんばんは、こうかくです。
ライブな週末はどうやら「伊豆ツーリング」前週まで続きそうです。
伊豆の帰りに誰かのライブ聞いていたらどうしよ(笑)

で今週は「奥華子」さんのライブな週末。
最初は「奥華子ファーストコンサート~変わらないもの~in九段会館」に行って来ました。
先輩のアドバイスでイヤな予感がし、上司に無理言って定時直後に上がって九段会館へ。
おかげてステージ前に色々な人に会うことができたし開演前に「物販」に並ぶこともできました。
閉演後に物販に並んでいたら大変なことになっていたって、その後知りましたが・・・・。


会場に入ろうと思ったらなんか「提灯」が。
コンサート中のMCで言っていたのですが、華子さんが「「TEPCOひかり」で九段会館だから「提灯」なんてどうでしょう?」と提案したら通って作られたモノだそうです。

ステージにはライブハウスの「ワンマンライブ」の時と同じ「ローランドのキーボード」と「グランドピアノ」。
これだけ。
言っていたけれど今日も「ワンマン」なんですね。

席に着くと程なくステージのスタート時間になりました。
最初の曲が「花火
もう秋に入っていたので、この選曲は驚きました。
これが今年最後の「花火」になるのかな?
「その手」が唄われて挨拶。
「色々なきっかけになった曲」と言って「ガーネット」が唄われ。
「窓辺」サビの力強さは相変わらずです。
この時点でもう感極まり始めていて、「伝えたい言葉」では少しピアノを外してしまったりしていましたが、すぐに持ち直しました。
そして「鳥と雲と青」あまりイベントでは聞くことが出来ない曲なので嬉しい限り。

ここで「唯一の盛り上がり(本人談)」として。
「奥華子CMコーナー」と題してサポートしてくれている「TEPCOひかり」さんのCM曲に「AメロBメロ」を付けた曲を披露してくれました。
CMの雰囲気を崩さない明るくっていい感じでした。
みんなで「TEPCOひかりに決めたのは」って部分を唄ったりして。
3回ほど唄ってくれました。
そのままの手拍子してくださいといって、次の曲。
なんか手拍子が鳴りっぱなしだったから逆に入るの戸惑っていたような(笑)
で、「ta.la.la」にいった時にふと気が付きました。
この時の手拍子なんか難しい理由。
リズムが「ゆらぐ」のですね。
だから機械的だとズレが生じたりするという、むかし懐かしの「1/f」というやつでしょうか。
今日はっきり感じました。

そして、「生でお知らせするのは今日が初」と言って「5thシングル」発売の報告のあとその曲。
「小さな星」
私、ライブハウスとかの「小さな星」の音色とても好きです。
「押し花」
「境界線」とライブハウス限定の曲が続いて。
精神集中をし直したので「新曲?」と思ったのですがそうではなくて。
「君の空」
前奏での「語り」は今回もなかったのですが、力を感じる唄い方でした。
「きみの空」は華子さんの中でも「何かが違う」曲みたいですね。
次の曲までのMCで「自分が作る曲の世界観」についてなのですが「孤独」というモノが根幹にあるということを言っていました。
その孤独の描き方が変わってきたと言うことも。
やはりそう言う感じで作った曲ですと紹介された曲は。
「魔法の人」
しかも「新アレンジ」
金属的(ハンドベルとか鉄琴みたいなの)な音を使っているけれど「丸い感じ」の音で素敵なアレンジでした。
「変わらないもの」はオリジナルのキーだったのかな?
やさしく澄んだ音で。
最後の曲は「やさしい花」
やっぱりこの曲なんですね。

今日の選曲、確かに登場人物が1人の「孤独」な感じの曲ばかりでした。
「ガーネット」や「変わらないもの」「その手」も曲中に出てくるのは「1人」なんですね、他の人は「思い出」の中の人で。
「私の右側」とか「忘れたれた記念日」みたいな明るい曲はもちろん、「素敵な道」とか「木漏れ日の中で」みたいな今日のセットリストに入っても違和感はない「二人」とかの曲は一曲も入っていなかったですから。

一度ステージから華子さんがいなくなっても拍手は止まず、アンコールへ。
今日から販売になった青い「新Tシャツ」に着替えて。
支えてくれる色々な人を思って作ったという「タイムカード」
頑張ってるよって感じの声が聞こえてきた気がします。
この曲は「小さな星」のC/Wではなくて「セカンドアルバム」のなかで聴きたい曲です。
そうしたら絶対に「アルバム内の名曲」になると思います。
そんな感じぷんぷん。
そしてステージに相方「スペクトラ」が置かれて。
オーラスで「自由のカメ」
いつもの音でいつもの感じに近い演奏でした。
「いつもの感じに近い」というのは「感極まっていたりとか」の感情を加味すると少し違うから。
演奏後みんなに挨拶してステージから降りていかれました。

その後「来場限定」で優先予約があるよと言われて急いで電話。
時間ギリギリだったせいで、もらったチラシの中にその番号があるのに気が付かなかったです。
私の携帯、会場内では「圏外」のため会場外に出てひたすら電話。
何とか取れました。
さあ、これで渋公のチケットでの心配はなくなった。
これがあとで「物販に並んだら大変なことになっていた」という理由です。
物販に並んでいたらあの席取れなかっただろうなぁ。

その後は飯田橋駅まで歩いてから帰宅。

華子さん、九段会館の「1000人」のキャパでも「ワンマン」でやりきってしまいました。
しかも「キーボード」と「グランドピアノ」の二つの楽器で、唄う時はもちろん「一つの楽器」しか使わないで。
演奏時は「一つの楽器の音と華子さんの声」だけ。
演出とかで他の音が流れたりすることは基本的にありません。
例外は「手拍子」とか「お客さんと一緒にやる」曲の時だけ。
それでホールクラス、約2時間のコンサートが「成立」してしまうのですからもの凄いです。
それだけ華子さんの「弾き語り」が完成されていると言うことなのでしょう。
じゃなきゃ何処かで破綻します。
アレンジャーさんも泣くわ・・・。

こぼれ話。
会場から出て「チケットの発券」をすませたあと、某所で知り合いと話をしていたら目の前を「華子さん御一行」が。
ちょこっと挨拶できました。
まさか今日あの距離で会えて話せるとは思わず、嬉しかったです。
その後華子さん御一行は「打ち上げ会場」にいかれました。

もう、あさってには華子さん「イベントライブ」があるのですよね。
自分の中で妙なテンションが維持されていそう(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。